So-net無料ブログ作成

房総半島横断ローカル鉄道の旅 [撮影]

 久しぶりに一眼レフカメラを持って遠征です。デジタル(EOS 40D)と中判フィルムカメラ(FUJIFILM GF670)を持って出かけました。

 僕の夏の定番「銚子」に行こうか悩んだのですが、今回は、千葉県の「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」を乗り継いで、「房総半島横断」試みました。

IMG_1831.jpg IMG_1850.jpg
「五井駅」と「房総半島横断切符」

 「小湊鉄道」は、JR内房線の「五井駅」から房総半島中央の「上総中野」まで、一時間強のノンビリ旅です。当日は、沿線で花火大会らしく、午後の列車が一部の区間運休になりバスに振替運行になるようで、少し早めに行程を進めなくてはならなくなりました。そんな訳で、五井駅に停車中の列車に乗り込んだのですが、最初の目的地より手前の「上総牛久駅」止まりの列車でして、牛久駅にて1時間ほど列車待ちをする事になります。そうそう、片道専用ですが乗り降り自由で小湊・いすみ両鉄道で房総半島を横断出来るチケットは、¥1600なり。

IMG_1860.jpg IMG_1898.jpg
「上総牛久駅」

IMG_2030.jpg IMG_2043.jpg IMG_2051.jpg
「上総鶴舞駅」
 「日本の100駅」にも選ばれた事の有る駅で、僕が持っているNHKで放送された「にっぽん木造駅舎の旅DVD」にも収録されている「上総鶴舞駅」を最初の撮影地に選びました。DVDでは、水色の塗装でしたが、白に塗り替えられたようです。こういう「駅」好きです。

IMG_1937.jpg IMG_1949.jpg IMG_2005.jpg
「かかしWC」「錆びた車輪」「早場米」
 そうそう、「錆びた車輪」を撮影していた時、ふっと、視線を感じビックリしたのですが、「かかし達」でした(笑)。このエリアは、「早場米」の産地のようで、まだお盆なのに、なんだか秋を感じさせられました。ふと田んぼを眺めているだけでも癒された感じです。若干ですが、刈り入れをしている田んぼもあったなぁ〜。1時間半程、次の列車を待ちながら、次の撮影地へ向かいます。

 途中、「上総久保駅」と言う、駅前に大きな銀杏の木が立っている駅があるのですが、今回は通過します。紅葉の頃に行ってみたい駅です。

IMG_2119.jpg IMG_2132.jpg IMG_2135.jpg
「上総大久保駅」

 トトロの絵が印象的な「上総大久保駅」です。おそらく、近くの小学校の生徒が描いたものと思われます。鉄道写真家・中井精也氏の写真に、この駅で列車を待つ小学生の写真が非常に心にしみました。そんな訳で、途中下車ですが、当然、夏休み中の小学生はいませんでした(笑)。駅舎は簡素ですが、味があるでしょ?

 上総牛久駅より先は、約1時間半に1本と言うローカル線です。上総大久保駅でも撮影後1時間程待ちました。それも「ローカル列車の旅」の醍醐味です。

IMG_2159.jpg IMG_2167.jpg
「上総中野駅」
 「いすみ鉄道」と連絡している「上総中野駅」です。この連絡時間は、30分ほどですが、お腹がすいてので、駅前に有る蕎麦屋さんへ駆け込みます。冷やしたぬき蕎麦とビールを頼んだんですが、大瓶のスーパードライを20分で飲むのは、いくら僕でもキツいですね、後々の撮影に影響を及ぼすのです。

IMG_2186.jpg IMG_2216.jpg IMG_2240.jpg
「いすみ鉄道/大多喜駅」
 先程の「大瓶」が効いたのか、少しだるいです。駅前のベンチで小休止です。そうそう、「いすみ鉄道」は、「ムーミン列車」が走っています。沿線に釣りをするムーミンやスナフキンさんを発見すると童心に帰った思いです。

 少し早く行程を進んでしまいましたので、終着「大原駅」16時過ぎに到着しました。これで、ローカル鉄道で、房総半島を横断した事になります。予定より2時間程早かったのかな、帰りの特急を前倒しして帰路に着きました。なかなか、のんびりと癒される小旅行でした。

 むふふ、東京駅に着くと「あの場所」へ直行なのです(笑)。

IMG_2246.jpg
「カイザーホフ」
 そう、新宿のホフブロイハウスのビールを扱う「ツムビアホフ」の姉妹店で、先月オープンしたばかりの「カイザーホフ」へ直行なのです。特急が京葉線のホームに着くので、カイザーホフの入っているビルと連絡されているのです。店内は、ツムビアホフとは違って、落ち着いた造りになっています。ノイヴァンシュタイン城をモチーフに作られているようです。これも「アリ」ですね。

 最初は、やはり、我が心のビール「シュヴァルツ・ヴァイス」をいただきます。やはりうめぇ〜!!

 店員の女性も素敵でしたので、常連になってしまいそうで怖いです(笑)。浅草の「23番地カフェ」のお姉さんと匹敵する感じです。「シュヴァルツ・ヴァイス」VS「隅田川ヴァイツェン」の勝負です(爆)。

IMG_2264.jpg
「ホフブロイハウス マイボック」
 前から飲みたかった「マイボック」を最後にオーダーしました。「5月のビール」と呼ばれているそうです。今は、8月ですが、それでも美味しいです(笑)。ボックにしては、あっさりした感じではありますが、飲み口も良く濃くも有り。Goodです。500ml、アルコール度7.2%、個人評価「★★★★☆」星4個。

 7.2%のアルコール度を知ってはいましたが、飲みやすいのでグイグイいってしまいまして、お店を出る際は、ちょっとフラフラでした(汗)。今度は、お友達を連れて行きたいお店です。新宿のお店も好きなので、困ってしまいました。

「カイザーホフHP」
http://www.eyema-ent.co.jp/shop/shop02.html

 ホント、ビールに明け暮れた盆休みでした。あ、ちゃんと泳いでいますよ、連休中に飲んだビール分は出さないと行けません。プリン体も気になる所です。

 そんな、良い空気と良いビールを飲んだ八月の連休なのです。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

hanate

たろ3的途中下車の旅。楽しそうですね。
しかしビールとお姉さんが旅の中心って感じがするのは
気のせいでしょうか?(^Q^)ノ

by hanate (2010-08-16 10:25) 

hanate

追記
頂いたドイツビール旨かったです。
もっと癖があると思ってたけど、意外にライトテイストでした。
サイズも下戸の私には丁度いい感じ。
次回に期待してます (^m^)

by hanate (2010-08-16 10:34) 

taro

hanateさんへ
 HB、気に入っていただけて幸いです。洋酒の割には、比較的お手頃価格ではあるのですが、取り扱い場所が少ないので、入手が難しいですね。みんなが飲めば、入手が楽になるのだが。
 旅の最後で、印象が塗り替えられてしまいました。反省(汗)。まぁ〜、それも旅の一つですので、良しとしております(笑)。
by taro (2010-08-16 18:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。