So-net無料ブログ作成

中国地方への写真旅行(その2) [旅行]

 お盆休みを利用した旅行の話の続きです。

8月13日「城下町勝山」
 湯原温泉郷(岡山県)の油屋別館さんを9時頃チェックアウトし鳥取県の米子へ向かいます。まず、前日に乗ったコミュニティーバス(片道¥200)を利用してJR中国勝山駅へ向かいます。実は、前日に来る途中に駅周辺に「西日を浴びて雰囲気のある造り酒屋の煙突」を発見したのですよ。思わず降りて写真を撮りたくなりました。が、降りたら最後、たどり着けないのであきらめました。まぁ、西日ではないですが、帰りに列車の乗り継ぎに1時間ちょっと時間が有ったので、この日に立ち寄る事にいたしました。

 中国勝山の駅にてガイドのチラシをみると、勝山と言う街は、「城下町」だったらしく、古い街並や蔵が多数残っていて保存されているようです。この旅の予定ではイレギュラーではありますが、1時間と言う限られた時間で、「城下町勝山」を撮影してみる事にします。一番遠いところである「造り酒屋の煙突」まで、徒歩で片道10分くらいでしょうか、なんとかなるかなぁ。

IMG_0749.jpg IMG_0818.jpg IMG_0801.jpg IMG_0809.jpg IMG_0826.jpg IMG_0843.jpg IMG_0915.jpg IMG_0916.jpg IMG_0934.jpg IMG_0980.jpg IMG_0988.jpg
 
 店舗や民家の「のれん」が、それぞれこだわりがあり、観ていて楽しかったです。造り酒屋の煙突の脇には川が流れているのですが、個人的には、さだまさし氏の「案山子」が流れて来そうな雰囲気でした。1時間じゃ足りなかったなぁ〜、また、撮影しに来たいです。こう言うアドリブはありだなぁ〜。

IMG_1020.jpg IMG_1031.jpg
「JR中国勝山駅」




「タイトな乗り継ぎ」
 この旅のスケジュールの最大の難所は、8月13日の昼食を取る時間が無いと言う事です。中国勝山から新見まで普通列車に乗り新見から米子まで「特急・やくも」に乗り換える予定です。「やくも」には車内販売は無く新見駅にも売店もコンビニも無い模様です。米子のコンビニでサンドイッチでも買うしかないのだなぁ〜。

IMG_1085.jpg
「特急・やくも(新見駅にて)」

 米子駅まで無事到着しました。ここでは、約10分で、コインロッカーに荷物を預け、コミュニティーバスのチケットを買い、コンビニでサンドイッチを買ってバスに乗り込む。と言うミッションです。バスのチケット売り場で「おつりが無い」と言われパニックを起こすも、コンビニでサンドイッチとビールを買いなんとかフォロー、走ってバスに乗り込むも、僕一人だけ席が無い・・・(汗)。バスでサンドイッチを食べようと思ったのに・・・(涙)。たった一つの席だが、45分も空かず、計60分かけて目的地「植田正治写真美術館」へ到着するのです。14時頃だったかな、バスを降りて、やっとサンドイッチにありつけたのです。あ、ビールはバスで飲んでしまいました(汗)。



IMG_1137.jpg IMG_1167.jpg IMG_1106.jpg
「植田正治写真美術館」http://www.japro.com/ueda/
 今回、植田氏がヨーロッパを旅して撮影した写真を特別に展示している(9月11日まで)との事で、遥々埼玉からやって来ました。バスを降りるとそこには、伯耆富士(ほうきふじ)とも言われる名峰「大山(だいせん)」が向かえてくれます。かなりアクセスの悪い場所にある美術館ですが、ここに美術館が存在する意味をこの山を観ると解るような気がします。植田氏が愛した故郷の名峰大山、館内からも「大山」を観られるような設計になっています。2時間の滞在でしたが、アッと言う間に山頂は雲に覆われ顔を変えてしまいました。

「追憶のヨーロッパ:植田正治の旅と写真」
 実は、この美術館、二度目の来訪です。鳥取に先祖のお墓があるもので、鳥取へは良母親と来るのです。10年近く前に来た時は、植田氏の作品はあまり好きではなかったのです。どちらかと言うと、土門拳氏や木村伊兵衛氏のようなドキュメンタリー的作品の方が個人的に好きなのです。今回の「ヨーロッパを旅した時の写真」は、「ドキュメンタリー風ではないのだろうか?」との思いで来訪してしまったのです。「うん、来て良かった!!」なのです。植田氏には珍しく斜を掛けたカラー写真は、「絵画」のようでしたし、写真集「音のない記憶」からのモノクロ写真は、絶妙でした。やはり、植田氏は、モノクロが良いのです。
 植田氏は、旅行は嫌いだったようで、初めての海外旅行だったようです。写真集の準備をしている途中に納得出来ず、再度、翌年の同じ時期にヨーロッパへ撮影に行って「音のない記憶」が完成したそうです。現在絶版でアマゾンで調べたら中古で6万円以上の値がついていました・・・。この旅行へ行かなければ買えたかと思いましたが、そりゃ、生で観た方が良いだろう。
 ヨーロッパでの作品を観た後、有名な砂丘での作品を見返すと、また違った見方をさせてくれるので不思議です。写真を愛する植田氏の人柄も感じ取れるようになりました。また、来るかな。

IMG_1100.jpg IMG_1103.jpg IMG_1132.jpg IMG_1142.jpg
「名峰大山」



「米子で海の幸」
IMG_0609.jpg IMG_0610.jpg IMG_0614.jpg IMG_0615.jpg IMG_0620.jpg IMG_0622.jpg IMG_0626.jpg IMG_0625.jpg IMG_0628.jpg
 米子駅近くの居酒屋「太平記さん」にて、上写真左より「マルゴ(ブリの手前)」「岩ガキ」「サバ」「あごぢくわ(上/あごとは、トビウオの事)・豆腐ぢくわ(下)」「山芋のたんざく」「イカ一夜干し」締めで「カニ雑炊」。うん、たらふく海の幸をいただきました。美味しかったです。お近くへお越しの際は、是非、「太平記さん」へ!!

 夜、「特急・やくも」に乗り込み、神話の国「出雲」へ向かいました。前日は、老舗旅館とチョットフンパツしてしまいましたので、出雲市では、チョット大きめの駅では必ずある格安の「某ビジネスホテル」にチェックインしました。三日目は、出雲観光です。

 そんな、写真三昧な一日なのでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。