So-net無料ブログ作成
鉄道&風景撮影 ブログトップ

リベンジ銚子 [鉄道&風景撮影]

 先日の14日に千葉県の銚子へ撮影に行って来ました。去年の今頃、やはり「銚子」へ撮影に出かけたのですが、カメラの故障により、撮影したフィルムの大半がNGと言うトラブルでがあり、「再度撮影に行きたい!!」と心に思っていたのでありました。その念願が叶い、東京7時36分発「しおさい1号」銚子行きに乗り込んだのでした。

 乗り込んで早々、旅の定番「崎陽軒のシウマイ弁当」です。東京駅での売り場は、やはり、JR系のお弁当屋さんが多いので、「崎陽軒」を探すのは、なかなか大変なのですが、なんとか、出発に間に合い、電車中でいただきます。これを食べないと旅が始まりませんね。

 銚子駅にて「銚子電鉄」に乗り換えます。「ぬれ煎餅」で有名になった「銚子電鉄」です。乗って早々の一駅め「仲ノ町駅」へ降り立ちます。仲ノ町駅からは、銚子名物の「醤油工場」のタンクが間近に観られます。

IMG_1486.jpg
 仲ノ町駅の車庫に展示してある「ドイツ製デキ3電気機関車」です。一台、欲しい感じです。

 途中、本州最東端の駅「海鹿島駅」を下車した後、「犬吠駅」に降り立ちます。犬吠駅付近の回転寿し屋さん「島武」さんで昼食です。多分、テレビ等でも紹介されている所だと思います。素直な感想「ネタがデカイ!!」下の写真のイワシは、¥210のお皿でした。その他、手のひらサイズのビン長マグロが乗ったお寿司も¥315でした。ネタは、油が非常に乗っていて美味しかったですが、個人的には、もう少しネタが小さめでも「お寿司」としては、美味しいかと思われました。でも、また行ってみたいお寿司屋さんです。
IMG_1586.jpg IMG_1580.jpg

IMG_1565.jpg
 銚子電鉄は、ゲーム「桃太郎電鉄」とコラボしておりまして、桃電のキャラ「貧乏神」の上に猿が乗って「貧乏イヌ(貧乏居ぬ)」の縁起物だそうです。

IMG_1630.jpg
 終点の外川駅から外川漁港を経て、海岸を歩き「犬吠埼灯台」へ向かいます。当日、曇り空で、青空の写真は撮影できないようでした(涙)。

IMG_1698.jpg IMG_1704.jpg
 犬吠埼灯台付近の食事処「あわび屋」さんへ、去年もここに立ち寄りました。銚子名物「さんが焼き¥600」をいただきます。いわし、さんま、あじ他銚子で捕れる魚とネギ・ショウガや味噌を混ぜた「魚のハンバーグ」は、絶品なのです。ビールのお供であります(笑)。

IMG_1712.jpg
「あわび屋」さんを出てビックリ!! 外が青空に!!

 今回、フジの中判カメラGF670をメインで使っていました。当初は、曇っていたので、モノクロで撮影していたのですが、青空になったので、リバーサルに切り替えて撮影してみました。PLフィルターも試してみたのですが、どんな感じかな?

 旅の最後に晴れてくれて良かったですが、フィルもの出来が気になりますね、「リベンジ達成」に成るか否か?

 そんな、2009年お盆休みなのでした。

灯台の街「銚子」 [鉄道&風景撮影]

 さてさて、前回の続きです。8月12日に佐原(千葉県)を撮影しまして、夕方に銚子のビジネスホテルにチェックインしました。時間が有ったので銚子港まで歩きました。ふと観ると利根川の河口付近に大きな橋(銚子大橋)がかかっており、丁度、日が沈む直前でした。あいにく雲がかかっていて綺麗な夕日を観る事は出来ませんでしたが、翌日を期待する事にします。
DSCF2125.jpg

 当初の目標は、「犬吠埼灯台から昇る朝日」を撮影したかったのですが、翌日の天気はあいにくの曇りとの予報、このホテルからだと時間的にタクシー移動になってしまう経費を考えて今回は諦める事にしました。仕方がないので、テレビで五輪女子柔道の谷本選手を観戦です。「綺麗な一本勝ち」でした。おめでとー!!

 翌朝、カーテンを開けてみると「晴天」でした。うむ、前日同様、天気予報があてにならないのに気付きます。「アマタツ!!」と怒鳴りたくなる勢いで、「とくだね!(フジ)」を観る事にします。結局、オリンピック関連のネタをずるずる見てしまい、チェックアウトぎりぎりの10前にホテルを出て銚子駅へ向かいました。
DSCF2126.jpg

 いよいよ銚子電鉄へ乗り込みます。車内で「弧廻手形(一日乗車券)」を購入、各種の割引券が付いている他、名物「ぬれせんべい一枚サービス券」もおまけに付いております。丁度、乗った電車は、「桃太郎電鉄(ゲーム)仕様」でして、シートもこったデザインになっていました。
DSCF2132.jpgDSCF2135.jpg

 下の写真は、終着駅の「外川駅」と終点から一つ手前の「犬吠駅」です。犬吠駅の建物は、賞をもらった事があるようで綺麗なデザインで立派な作りでした。一度、終点の「外川駅」まで行って、一つ乗って来た電車で戻りまして「犬吠駅」に行ったと言う形になります。
DSCF2140.jpgDSCF2141.jpg

 「犬吠駅」から坂道を20分程登った所に「地球の丸く見える丘展望台」は有ります。先程の割引券を使いエレベーターで屋上へ上がります。屋上は、360°東西南北が見渡せるようになっていて、下写真のように「屏風ヶ浦」も見渡す事が出来ました。
DSCF2146.jpg

 今度は、坂を下って来ます。先程の外川駅付近を通過して外川漁港へ歩きます。ホント、天気予報も大ハズレのピーカンの良いお天気でして、暑いのなんの、汗だくだくです。まだ、12時ちょっと前ですが、外川漁港付近の「お食事処・見晴」さんで休憩を取りました。刺身定食にガマンしきれずにビールを頼んでしまいました。
DSCF2149.jpg

 さてさて、お腹と喉を癒し、また歩く事にします。今度は海沿いを長崎海岸を経由して「犬吠埼灯台」へ向かいます。海水浴場は、天気も良いのも手伝って家族連れが多いですね。長崎の先端まで行きますと「犬吠埼灯台」が視界に入って来ます。「あそこまで歩くのかぁ〜」結構、気が遠くなりました。頑張って撮影しながらとぼとぼ歩きます。イイ汗かきましたよ!!
DSCF2168.jpg

 無事、「犬吠埼灯台」到着しました。真っ白で品のある灯台だなと感じました。青空も似合いますが、朝日や夕日も素敵でしょうね、今度は頑張って朝来ようと思います。99段ある階段も入場料を払い登ってみました。階段は狭くてきついですが、上は絶景で風も涼しく気持ちが良かったなぁ〜。
DSCF2172.jpg

 「犬吠埼灯台」を後にし、「海鹿島駅」まで、また、歩きます。日もだんだん西日になって来ました。もう直ぐ、今日の散策撮影はゴールです。「海鹿島駅」で無事ゴールしました。約10kmの道のりを約5時間(休憩含む)で歩きました。暑さも重なりきつかったですが、実に楽しい散策でした。終了後は、電車で「犬吠駅」までまた戻り、犬吠埼にある「京成ホテル」で温泉の「日帰り入浴(割引券を使いタオル込み¥900)」することにしました。焼けた顔がヒリヒリでした(笑)。
DSCF2188.jpgDSCF2197.jpg

 風呂上がりに犬吠埼灯台前にある「あわび屋さん」にて、銚子名物の「さんが焼(¥600)」ともちろん生ビールを注文しました。風呂上がりのビールは効きますなぁ〜(笑)。「さんが焼」とは、さんま・いわし等の魚とネギや野菜類・味噌をハンバーグ状にして焼いたものです。ちなみに「さんが焼き定食」は、¥1200です。
DSCF2204.jpg

 この天気なら良い夕日が撮れるに間違いないと思い、「銚子駅」へ戻ります。返りの特急の時間が18時40分発で、銚子の日没予定が18時28分です。歩いて10分はかかる距離です。走る覚悟をして銚子港へ歩きました。しかし、さっきまでまんまるに輝いていた夕日が雲に隠れているではありませんかぁ〜。泣く泣く早めに駅に戻る事にします。しかし、撮影は天気に左右される事が多いですが、今回の撮影旅行は、良い面も悪い面も非常に左右された二日間だったと思います。でも、結果的には、非常に楽しい旅行になりました。また、行きたいと思っています。
DSCF2216.jpgDSCF2222.jpg
 「JR特急しおさい号」ですが、赤くしたら「EVA弐号機」に似てませんか?僕だけかな?

 そんな楽しい二日間は、非常に充実した写真日和でした。



 と、旅行記も完結したのですが、先程、前日の佐原を撮影したモノクロフィルムと銚子を撮影したリバーサルフィルムが現像から上がって来ました。リバーサル9本中7本に「光線」が入った後があり、現在、現像所にもどして調査をしてもらっています。うむ、どちらが原因かは定かではないので、原因が分かったらまた報告したいと思っています。しかし、かなり凹みましたねぇ〜。原因がどちらにせよ、撮影した写真は、もとのようには戻らないのです。まぁ〜また行くかな!! 前向きになるしかないですね!! 余談でした。

レッツ豪徳寺! [鉄道&風景撮影]

 先日のこのブログで書いた通り、一昨日の6月14日(土)、東急・世田谷線沿線を散策しながらモノクロ・フィルムで撮影して来ました。梅雨の真っただ中ではありますが、天気も良く撮影日和で気持ちが良かったです。
 まず、京王線・下高井戸駅にて下車、「世田谷線散策きっぷ」を購入しました。これは、世田谷線の一日乗車券(¥320)です。通常、一回の乗り降りで運賃¥140で、3回以上乗り降りすると元が取れると言うしだいであります。
 早々に乗り込み、取り合えず、終点の三軒茶屋駅に向かう事にします。走行時間は約18分、全て鉄道専用軌道上の電車で、二両編成の可愛らしい電車です。現在、10編成の列車が走っているようですが、全てカラーの違う10編成だそうです。今回は、モノクロがメインの撮影なので非常に残念です(涙)。
 そうこう沿線を眺めながら乗車していると三軒茶屋駅に到着しました。実はこの街、18年程前、仕事で良く来た街であります。現在、世田谷線のある駅舎にキャロットタワーと言うビルが建っていますが、当時は建設途中だったかと思います。18年で変わった景色と新しい景色が融合する街になっていました。取り合えずコンパクト・デジタルカメラでパチリです。
DSCF1745.jpgDSCF1748.jpg
キャロットタワーをバックに(三軒茶屋駅)

 早速、電車に乗り込み松陰神社前駅で下車します。まずは、徒歩約5分の所の「松陰神社」へ向かいます。松陰神社より本日の散策が開始されました。吉田松陰の銅像もあり、落ち着いた感じの神社でした。
 松陰神社から徒歩10分程歩くと豪徳寺に到着します。少女コミックや映画にもなった「Let's 豪徳寺!」で僕ら世代には有名なお寺です。「招き猫」でも有名なお寺で、奉納された招き猫達が迎えてくれました。雰囲気が有るお寺で、桜田門外で暗殺された井伊直弼のお墓や井伊一族のお墓があります。僕の個人的な感想では、今回の散策で一番お気に入りのお寺が、ここ「豪徳寺」でした。
DSCF1797.jpg
DSCF1799.jpgDSCF1813.jpg
DSCF1805.jpgDSCF1808.jpg

DSCF1766.jpg
 足は、世田谷線・宮の坂駅です。懐かしい緑の車両が展示してありました。古いレトロな車両の方が写真を撮っていて楽しいのですが、時代の流れです。いたしかたない(涙)。オレンジの車両も線路に草が生えていたりするとまた絵になります。しかし、モノクロ写真では、全然面白くないでしょうね。
DSCF1777.jpgDSCF1770.jpg

 宮の坂駅のそばに「世田谷八幡宮」が有ります。土俵と石と土で造られた観客席がとても印象に残りました。木々が多く、非常に癒される神社でした。
DSCF1858.jpg
世田谷八幡宮の土俵と観客席

 宮の坂駅周辺は、神社やお寺が多いようです。「勝光院」も雰囲気のあるお寺でした。竹林もあり、夏は涼しげで癒されそうです。
DSCF1879.jpg

DSCF1887.jpg
 その後、「世田谷代官屋敷跡」を周り世田谷線・世田谷駅に戻って来ました。一応、この散策は、ここで終了ですが、一駅乗って松陰神社前駅にまた戻る事にします。
DSCF1894.jpg
兄弟?

 汗もかいた所で、松陰神社前駅付近の銭湯「鶴の湯」さんで一風呂浴びる事にしました。かなりレトロな外観は、僕の心を引き寄せました(笑)。とっても良いお湯でした。
DSCF1891.jpg

 お風呂を上がり、電車で三軒茶屋に戻ります。約一往復半した感じになります。時間も五時近くになりお腹も空いて来ました。「そう言えば、20年近く前に行った事がある洋食屋さんやっているかな?」なんて思い探してみる事にします。ありました。名前は忘れてしまっていたのですが、そのたたずまいは記憶にあります。「アレックス」カウンターが10席程の非常に狭い洋食屋さんですが、通好みのお店ですね。夕方は5時からのオープンで、僕は、一番最初のお客でしたが、少しするとゾロゾロお客さんが入って来られました。直ぐに満席になってしまいそうな勢いです。僕は、ハンバーグ(¥900)を注文、美味しかったです。あ、ビールも飲みました(笑)。
DSCF1897.jpg

 帰りがけ、渋谷より開通直後の「東京メトロ・副都心線」に乗車してきました。いやぁ〜鉄道ファンも多かったですが、その他にも人が多かったですね。開業当日ですしいたしかたなしです。池袋迄急行に乗車してみました。記念写真をパチリです。
DSCF1908.jpg

 今回の散策は、天候に恵まれ、絶好の写真日和でした。モノクロでの本番写真が楽しみです。結局6本も撮ってしまいました。前日の荒川線を足すと11本のフィルムを池袋のビックカメラに出して来ました。うむ、撮り過ぎかな?

 さて、来週はどこに出かけようかな? あ、写真の整理をしなくては・・・ どうしよう?

 そんな、充実した僕の写真日和でした。
鉄道&風景撮影 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。