So-net無料ブログ作成
検索選択

[独25]ベルリンの壁 [ドイツ]

 本日、ベルリンの壁が崩壊して20年を迎えました。20年前僕は社会人で、某場所にて崩壊のニュースを見ました。当時は、「そうなんだぁ」程度の関心しかありませんでしたが、10年前と先日の2度のベルリン訪問にて、現在の僕にとって「ベルリンの壁崩壊」は、意味のある出来事になっています。

 自由とは・・・

 11月9日は、「自由」の意味を考える良い一日なのかもしれません。

 あまり学が無く、文章で伝える事は非常に難しいので、写真で何かが伝われば幸いです。

0101.jpg 0102.jpg 0501.jpg 0204.jpg 0201.jpg 0203.jpg 0304.jpg 0302.jpg 0301.jpg 0505.jpg
28.Sep.2009 / in Berlin
Canon EOS 1V
Canon EF 17~40mm f4L USM
FUJIFILM GF670 Professional
FUJIFILM NEOPAN 400 ACROS
KODAK T-MAX 100

 そんな、「自由」の意味を考える今日一日なのです。

[独24]ドイツ鉄道2 [ドイツ]

 すいません、終わりにする予定でしたが、ドイツ鉄道について書き足りなかったのと、公開したい写真があったので、あと少しだけお付き合い下さい。


「ベルリン中央駅」

 昨日乗ったCNL(夜行列車)は、1時間遅れでフランクフルトを出発したのに、10分程度の遅れでベルリン中央駅へ到着しました。客室係のおじさんも楽しい方乗り心地はGoodでした。列車は、中央駅地下のホームに到着しました。

IMG_0096.jpg IMG_0304.jpg
 「ベルリン中央駅地下ホームに到着したCNL」と「ベルリン中央駅地下ホーム」

 ベルリン中央駅は、最近出来たばかりの新しい駅です。総ガラス張りの巨大な駅舎です。

IMG_0326.jpg IMG_0109.jpg
 「明るい駅舎」総ガラス張りで明るい駅舎です。「突き刺さったホーム」2Fは、駅舎に突き刺さるようにホームが存在する斬新なデザインになっています。

IMG_0235.jpg IMG_0236.jpg
 「DBの美人な駅員さん」DBは、女性の駅員さんが多いのです。「初期型ICE」初期型のICEです。これも乗ってみたかったなぁ〜。

IMG_0228.jpg IMG_7951.jpg
 「U55」8月に完成したばかりのUバーンのホームにて。後ろ姿が気になりました。「Sバーン」ベルリンのSバーンです。2FのDBのホームと平行する形でSバーンのホームがあります。

 ファストフード店や、スーパー、薬局、長くいても飽きない駅ですねぇ〜、上に行ったり下に行ったり少し遊んでしまいました(笑)。

 そうそう、ドイツの鉄道って、ボタンを押さないと電車のドアが開かないのです。駅に到着しても開かないので悩んでいると、後ろかボタンを押されたりします。そのシステムに慣れて来たなと思った頃帰国になりました。逆に先日、東京の中央線に乗った時、降りる時にボタンを押しそうになりました(汗)。中央線には、ボタンが有ったのです。

IMG_7978.jpg IMG_7989.jpg IMG_0415.jpg IMG_8009.jpg
 「CNL」ベルリン発ミュンヘン行きのCNLです。カラーリングが違います。室内の仕様も違いました。このタイプは、食堂車で朝食をいただく仕様でした。部屋の室内は、前回のタイプのが広くて乗り心地が良かったなぁ〜。しかし、快適にミュンヘンに到着しました。



「トラム」

IMG_0164.jpg IMG_0638.jpg
「ベルリンのトラム」と「ミュンヘンのトラム」です。都市によってカラーリングが違います。


「ミュンヘン中央駅」

IMG_0640.jpg
 「ミュンヘン中央駅」

IMG_8013.jpg IMG_8016.jpg
 「ALEX」私鉄管轄の車両です。ミュンヘンからリンダウ往きです。ファーストクラスのコンパーメントです。写真の列車は運休になりましたが、後続の同じ車両の列車で無事出発する事が出来ました。

IMG_8971.jpg
 「バイエルンの風」フュッセンからの帰りの車窓です。牧場と牛しか見えませんでしたが、のどかで癒されました。

 いやぁ〜、鉄道旅行って、イイねぇ〜。非常に楽しかったです。

 そんな、海外の鉄道も良いなぁ〜っと思う今日この頃なのです。

[独23]ドイツ鉄道1 [ドイツ]

 ドイツネタもかなりしつこくなって来ているので、そろそろ最後にしようかなと思います。今回は、僕がドイツ国内で移動に使ったドイツ鉄道[DB]のごく一部です。


「フランクフルト」


IMG_7479.jpg
 「空港駅」フランクフルト国際空港に日本から到着して、「僕のドイツ鉄道旅行」は、この空港駅から始まるのです。空港駅は、ICEを含む長距離線の発着するホームと近距離線のホームとでは別の場所にあります。写真は、中央駅に向かう為、近距離ホームにて撮影しました。ちなみに、10年前の旅行は、ケルンに向かうIC(インターシティー/特急)に乗車するため、長距離用のホームを使いました。

IMG_7504.jpg
 「Uバーン」ドイツの地下鉄は、「Uバーン」と呼ばれています。Uバーン・Sバーン(近郊型電車)・トラム(市電)・バスは、都市によってカラーが違うようで、フランクフルトはグリーン、ミュンヘンはブルー、ベルリンはイエローでした。

IMG_7512.jpg IMG_7519.jpg
 「Uバーン駅構内」意外とセクシーな広告を目にする事もあります。

IMG_7596.jpg IMG_7599.jpg IMG_7588.jpg
 「フランクフルト中央駅」駅の外を撮影しました。ここが、今回の僕の旅行の起点になります。僕だけではなく、ドイツを鉄道で旅する人の起点になる巨大な駅舎です。ドイツで一番犯罪が多いと言われるフランクフルトです。撮影時は、午前零時前、ちょっと怖いです(汗)。

IMG_7627.jpg IMG_7646.jpg
 「フランクフルト中央駅」駅の中の写真です。上の写真はRB(レギオナルバーン/各駅停車)で、下写真がICE(インターシティーエクスプレス/ドイツの新幹線)です。

IMG_7651.jpg IMG_7664.jpg IMG_7678.jpg
 「鉄道旅行の起点」深夜でもここからドイツ各地、いやいや、ヨーロッパ各国へ旅立って行く人たちは多いのです。

IMG_7699.jpg IMG_7716.jpg
 「フランクフルト南駅」この駅で僕は、CNL(シティーナイトライン/寝台列車)を待っています。左写真の二階建てRBやRE(レギオナルエクスプレス/区間快速)は、ドイツではポピュラーです。

IMG_7727.jpg
 「電光掲示板」旅行当日は、この掲示版の意味が分からなかったのですが、帰って来て写真を整理していたら「70分遅れ」と表示されていましたね。この表示の意味が分かったのは、ミュンヘンで列車が遅延になった時ですので、当日のこの写真の撮影時点では、なかなか列車が来ないので途方に暮れていました。「なぁんだ、他のお客さんは、70分遅れてるの分かってたんだ(汗)」。

IMG_7746.jpg
 「やっと、来た!!」スイスのチューリッヒ発、ベルリンとチェコのプラハ(途中切り離し)行き国際夜行列車です。車両を間違うとプラハまで行ってしまう・・・、気をつけなければ・・・。

 そんな、日本では味わえない鉄道の旅なのです。

[独22]ドイツ麦酒日記(後編) [ドイツ]

「ミュンヘン〜フュッセン」29.Sep.2009

 さてさて、ベルリンからCNL(夜行列車)に乗り、早朝のミュンヘン中央駅で乗り換えて午前中にフュッセンに到着の予定でしたが、ミュンヘンからの列車が遅延のため、なかなか出発出来ず途方に暮れておりました。しかし、そんな時もやはり「ビール」なのであります。元気だ出るのです。アル中かな?

IMG_8026.jpg
 ミュンヘン中央駅で購入、ローウェンブロイと読むのだろうか? このマークは、ミュンヘンでも良く見かけました。ポピュラーなビールのようです。美味しいです。ビールを飲むと心細さも少しは解消するのです。

IMG_8042.jpg
 Kaufbeuren駅にて。ようやくミュンヘンを出発しましたが、乗り継ぎが悪く、40分の待ち合わせです。そんな時もビールなのです。

IMG_8257.jpg
 予定より4時間以上も遅れましたが、無事にフュッセンに到着しました。早々に観光です。天気も良くオープンカフェが気持ちよく、早々にジョッキでいただきます。青い空の下のビールも美味なのです。

IMG_0444.jpg
 温泉に行った後、部屋に冷蔵庫が無かったので、ホテルフロントで2本購入しました。ぐっすり眠るといたします。


「ノイヴァンシュタイン城」30.Sep.2009

 昨日は、非常に長い一日でした。しかし、到着が遅れたものですから、予定していたノイヴァンシュタイン城の観光は、本日行く事にしました。

IMG_0506.jpg
 見学時間待ちのため、お城の入口にある売店で購入、「ノイヴァンシュタイン城に乾杯!!」。ホーフブロイハウスのビールなのです。

 フュッセンを後にして、ミュンヘンに向かいます。今回は順調に列車は進みます。ミュンヘンに到着すると警備の警官や私設の警備員が物々しい雰囲気で警戒していました。オクトーバーフェスト開催中ですからね、ちょっと殺伐とした感じがします。

IMG_0551.jpg
 帰りのICE指定券の購入に時間がかかったため、外が暗くなってしまったので、ホテルで缶ビールを飲む事にします。「BECK'S」これは、ベルリンでも飲みました。かなりポピュラーなビールのようです。


「オクトーバーフェスト」01.Oct.2009

 午前中よりミュンヘン観光です。昨日行く予定にしていたビアホール「ホーフブロイハウス」を偶然発見しました。さすがミュンヘン、朝9時からオープンしているようです。すごいな。昼からにぎわっていました。

IMG_0616.jpg
 名門ビアホール「ホーフブロイハウスの1Lジョッキ!!」

 午後3時より、いよいよ「本場オクトーバーフェスト」に参戦です。「オクトーバーフェスト」とは、この時期、ミュンヘンで開催される世界最大級のビール祭りです。「麦酒バカの集い」なのであります。

 まだ、外は明るいのに世界各国からのビール党が大勢集結しています。バイエルンの民族衣装に包まれた女性に目がいってしまいました(笑)。会場では、リザー部席ばかりで、盛り上がっているテントの中では、ビールは飲めませんでした(涙)。しかたがないので、外の隅っこの席で雰囲気を味わいながら飲む事にします。

IMG_9040.jpg
 オクトーバーフェスト会場にて、ここでも1リットル・ジョッキです。本日2リットル目です。結局、ここでは、2杯も飲んでしまいました。

 チキンをつまみに約2時間で1リットルを2杯も飲んでしまいました。独りでの参加ですから、間が持てなくてね、ついついジョッキに手が行ってしまってペースが早くなってしまいました。暗くなるまで頑張るはずだったのですが、まだ明るい5時頃にダウンいたしまして、千鳥足でホテルへ戻ります。途中、リバースしかけましたが、「ドイツで吐いたら・・・」と思い、なんとかとどまりました。ホテルにたどり着くと早々にベットにダウンです。乾杯だ、いやいや、完敗だ・・・。


「さらば、ドイツ」02.Oct.2009

 とうとう帰国の日です。ミュンヘンからフランクフルトまでドイツの新幹線ICEに乗り込みます。

IMG_0667.jpg
 バイエルンの風景を車窓から眺めながら缶ビールを一杯です。先日、途方に暮れていた時に飲んだビールです。ICEの乗り心地は良好です。

 そんな訳で、僕の「ドイツ麦酒旅行」は、終了したのです。ドイツのビール旨かったなぁ〜。しかし、飲み過ぎですね、健康のため、少しアルコールは減らさなくてはいけません。注意しよう。

 そんな、僕の麦酒紀行なのでした。



 缶いやいや、完

[独21]ドイツ麦酒日記(前編) [ドイツ]

 昨日、横浜の赤レンガ倉庫にて開催中の「横浜オクトーバーフェスト2009」に参加しようと思ったのですが、ギリギリまで悩みましたが、挫折いたしました。僕自身のオクトーバーフェストは、今年は終了と言う事になります。まぁ、一年中、麦酒は愛し続けると思いますが・・・。あ、「オクトーバーフェスト」とは、ドイツのミュンヘンにて開催される世界最大のビール祭りでありますが、毎年日本各地でも規模はだいぶ小さいものの開催され、大反響です。ちなみに先週の11日に、赤レンガ倉庫に行ったのですが、入場者が長蛇の列だった為、諦めて港で缶ビールを飲んでおりました。っと言う事で、先日、ドイツ旅行で飲んだビールの写真を公開したいと思います。

 そもそも、僕は、ビールが大好きであります。しかし、数年前、会社の健康診断にて「尿酸値が高い!!」との指摘を受け、「このままでは痛風になってしまう!!」との思いから、ビール系を減らす方向になってしまいました。そんな傾向も有り、「ドイツへ行ったらビールを飲むぞ!!」目標に旅行前の約1か月間、「禁ビール」を行いました。プリン体を減らす為とドイツで美味しくビールを味わう為の一石二鳥なのでありました。その記念すべき解禁第一杯めのビールは、「フランクフルト中央駅」のソーセージ屋さんの一杯なのでありました。


「フランクフルト」26.Sep.2009

IMG_7566.jpg
 フランクフルト中央駅にて、記念すべきドイツ1号ビールです。銘柄が分からないので、「ビア、プリーズ」と注文、このビールが出て来ました。「禁ビール」明けのビールは旨いです。

 今回の旅行でのビールは、出来るだけ同じ銘柄はさけて、いろいろなビールを味わいたいと思いました。あ、僕は、 ビールについて、飲むのは好きなのですが、細かい味、種類やうんちくは、全然しりません。ただ、「こんなの飲みました」程度です。ご了承下さい。今後、勉強したいと思っております。

IMG_0070.jpg
 フランクフルト中央駅の売店で購入し、郊外の温泉へ向かう電車内で飲みました。

IMG_7689.jpg
 南駅でCNLを一時間待っていた時に飲みました。缶のデザインが面白いので売店で購入、ドイツでの缶ビールは、500mlしかありません。あとは、330mlのビンビールが売られていました。


「ベルリン1日目」27.Sep.2009
 
 早朝にCNL(夜行列車)にてフランクフルトからベルリンに到着しました。午前中観光しまして、早くも昼食からビール三昧なのです(笑)。

IMG_0221.jpg
 「フリードリヒシュトラーゼ駅」のサンドイッチ屋さんで昼食です。
 
IMG_0240.jpg
 ホテルへチェックイン直後、冷蔵庫のビールをいただきます。「Berliner Kindl(ベルリン小僧)」は、ベルリンでポピュラーなビールのようです。美味しかったです。ラベルの「小僧」も可愛いです。

IMG_0316.jpg
 「ツォー駅」のソーセージ屋さんにて、ソーセージを細かくし、大量のケチャプとカレーパウダーをのせたものは、ベルリンの名物のようです。ちょっとケチャプが甘かったなぁ。

IMG_0322.jpg
 売店で購入した缶ビールをホテルに帰って来て一杯です。ここまでちゃんと寝ていなったので、爆睡いたしました。この後、夜が開けて、「最大の悲劇」が起ころうとは、このビールを飲んでいる時は知るよしも無いのであります(汗)。


「ベルリン2日目」28.Sep.2009

 朝、「旅行記」を書き終えた後、「最大の悲劇」(旅行記参照)が起こる訳なのですが、何事も無かったように「ビール三昧」は続くのであります。

IMG_0410.jpg
 「フリードリヒシュトラーゼ駅」にて、午前中の観光を終えて遅い昼食です。広角ズームに変えてのEOS-1Vです。「朝の惨劇」を思い起こさせます。

IMG_7918.jpg
 「ベルリン中央駅」のアジアンレストランにて、夕食と共にベルリンでの最後の一杯です。昨日の缶ビールと同じ銘柄のようです。

 ビール大国ドイツでは、地ビールのように都市によって様々な銘柄が存在しているようです。「もっと行く前からビールを勉強しておけば良かったなぁ」と反省をしております。でも、この三日間でもいろいろなビールを飲みました。この中では、「ベルリン小僧」が個人的にはタイプでしたね。しかし、飲んでばっかりだなぁ〜。

 そんな、ビール三昧な旅は、後編へとつづくのです。



 つづく

[独20]近況 [ドイツ]

 ドイツ旅行から帰って来て早くも2週間近くが経ちました。「旅行記」を更新していたので、やっと現在に戻った感じでいます。その旅行記更新中の出来事を少しだけ書こうかと思います。

 10日の連休初日、夕方より、ドイツで撮影した写真のフィルムの現像が出来上がったので、池袋のビックカメラに受け取りに行って来ました。早々、タバコ臭いドトールのテーブルでさっとチェックいたしました。マズマズの出来のようです。同時に購入したポータブルのライトビュアーを使って、家に帰ってゆっくり確認する事にいたします。
IMG_0760.jpg


 っと思ったのですが、せっかく池袋まで出て来たので、中野駅前の中古カメラ屋さん「フジヤカメラ」に行ってみる事にいたします。ドイツで壊したレンズの中古相場や在庫を確認しようと思ったのです。壊したレンズは、標準ズームですからね、使用頻度が高いので、安かったら買いたいなと思っていました。Canonの現行の標準ズームは、EF 24mm~70mm f2.8L USMで、僕が壊したのは、EF 28mm~70mm f2.8Lです。現行の方が、広角が強くなっています。ちなみに新品で、19万円弱(ビック価格ポイント付き)でした。これも中古価格が気になります。あと、選択肢としては、これも現行モデルのEF 24mm~105mm f4L IS USMですが、手ブレ防止機能と望遠系に強くなったのは良いのですが、f4と少し暗いので、個人的には魅力薄です。旅行には、軽くて倍率が高くて便利なんだけどね。そんなこんなを考えていたら中野に到着しました。

 現行モデルの二機種は、中古の在庫が有りませんでした。壊れたレンズの同形機種は、6本在庫が有り、どれも程度はABランク(上から2番目のランク)で、¥70350なり。8年ほど前に僕が中古で購入した額の半額以下です。やはり、今年の8月一杯でキャノンの純正修理が終了したため、値崩れが起こったのでしょう。この額でしたらなんとかなるかなぁ〜。しかし、カードの締め日が本日10日なので、ドイツで少し使いすぎたため、支払いを来月分にまわしたいなと思い、「明日また来よう」っと思い店を出るのでした。

 翌日の11日、開店時間に合わせて中野に到着するのです。店内のショーケースを見てビックリ、昨日のレンズが、¥66150に値下がっているではないですかぁ〜。早々に3本ほど見せてもらい、1本を決めました。梱包もしてもらわず、バックに入れて、その足で、所沢航空公園にて開催されたモデル撮影会にテスト撮影を兼ねて参加するのです。撮影会の方は、あまりモチベーションが上がらず、あまり良い写真は撮れなかったなぁ〜。
IMG_0767.jpg


 その後、横浜赤レンガパークにて開催中の「オクトーバーフェスト」に参加しようと横浜まで行くも、入場者の長蛇の列に負け、入場せずに缶の「キリン一番搾り350ml」を買って横浜の夜景を見ながら芝生で一人、乾杯したのでした。また、17日にリベンジしようかなと検討中です。

 あ、iPod nanoも無くしてしまいましたので、アップルストアで限定色のRedを衝動買いしてしまいました。うむ、頑張って仕事しなければ・・・。
IMG_0763.jpg


 あ、写真の方は、なんとか撮れていました。ホット肩をなで下ろしています。中判の写真は、カメラに馴染んでいない所もあったようで、課題は多いですね、シャッターチャンスを逃しやすかったですね、まぁ、風景撮りがメインのカメラだと思うので、街角スナップには、少し荷が重いかなぁ。35mmの方は、「レンズ壊れなければなぁ〜」と思うカットも数カットありましたが、なんとか広角ズームでフォロー出来た感じがします。本日、六切りワイドのダイレクトプリントに12カット程出しました。ちょっと引き延ばされた写真が楽しみなのです。

 うむうむ、写真て楽しいなぁ〜。

 そんな、今週一週間の近況なのでした。

[独19] 9,ダンケ・シェン!! [ドイツ]

「ダンケ・シェン!!」 04.Oct.2009

「フィルムの行方」

 久々の自宅のベットで夜が開けました。っと言っても、昨日分の日記を書いていたり、フィルムの事が気になっていたので、旅行で疲れてはいるにもかかわらず、今朝の3時まで眠れませんでした。ただ、やはり疲れていたのか、一度眠ってしまえば、昼の12時に暑さで目が覚めるまで爆睡状態でした。

 起きて早々、JR池袋駅から連絡が無いか携帯電話チェックします。着信はありません。しかたが無いので、こちらから電話する事にします。しかし、「昨日の成田エクスプレスでの紛失物の中にはフィルムの落とし物は無いです」との事、途方に暮れました(涙)。

 もう一つの望み、飛行機の機内に忘れた可能性に託し、JALに問い合わせてみます。オペレータの女性から、紛失物担当の電話番号を聞いてかけ直してみます。

 フィルムの忘れ物、ありました!! ホッ!!

 対応した女性の方もなんだかホッとしたような電話越しの様子でした。デジタル全盛の今時、30本以上のフィルムですからね、まぁ、僕がバカなのですが、「大事な旅の記憶」ですよ、ホント、「レンズの大破」よりもある意味悲しい出来事でした。着払いで送ってくれるとの事でしたが、保管して下さっていたのでお手を煩わすのも申し訳ないし、「大事な旅の記憶」ですし、早く現像に出したいので、「今から行きます」と返事をし、今晩から仕事が待っているのもかかわらず、急いで成田空港へ向かうのでした。

IMG_0749.jpg
「ホッ!!」

 今回は、携帯電話の件でもお世話になったし、安いし、早いので、京成電鉄のスカイライナーで往復する事にしました。約1日ぶりに再会出来たフィルムちゃん達を「もう二度と忘れるものか!!」と思い、早々に池袋のビックカメラに向かったです。

IMG_0754.jpg IMG_0755.jpg
「京成スカイライナー」


「この旅を終えて」

 最後までトラブル続きのドイツ旅行でした。

 いやいや、トラブルも思い出の一つであります。写真って行かなきゃ撮れないのです。失敗しようが行く事に価値があるのです。まぁ、反省点は多々ありますが、良い旅行だったと総括したいと思っています。

 ちなみに、この旅に点数を付けるなら、写真に関しては、仕上がりを観ていないので、正確には言えませんが、数件取り損ねた場所があったり、感度を間違えたり、減点が多いです。「レンズの大破」は、最悪の減点ですね。写真の点数は、50点と言ったところでしょうか、でも、写真の仕上がりが良かったら、100点を超える事だってあります。結果オーライなのです。

 他の目標の「ドイツ鉄道に乗る」「ビールを飲みまくる」「温泉に入る」は、一応達成したので、満点を上げたいと思いますが、「オクトーバーフェストに参加する」は、一応参加はしましたが、大テントの中で盛り上がれなかったし、戻しかけたので、70点くらいかなぁ~、ちょい反省ですね。ミュンヘンの本場オクトーバーフェストは、是非いつか、リベンジしたいと考えています。

 ベルリンでは、「悲しい場所」も行く事が出来ましたし、「ブランデンブルグ門に沈む夕日」も観る事が出来ました。「悲しい過去を背負った街」僕が理解出来ないくらいずっとずっと深いんだろうな。

 ワーグナーとルードビッヒ2世とノイヴァンシュタイン城については、興味が出て来ましたね。「穏やかで雄大ななワーグナーのメロディーを聴いてバイエルン地方の車窓を眺める」非常に贅沢な旅でした。クラッシックは初心者ですが、勉強してみたくなりました。

  海外旅行へ出かけると日本の良い所と悪い所に気づきます。「一週間程度の旅行で分かった事を言うな」と言われるかもしれませんが、結構気がつくものです。ICE(ドイツの新幹線)のファーストクラスでさえ、携帯電話を大きな声で会話していたりします。携帯電話のマナーは、ささいな事ですが、日本の良い所だと感じました。トイレに関しても、「チップ制」は、最初、抵抗ありましたが、次第に自然にコインを用意するようになりました。「チップ制」が良いか悪いかの判断は、甲乙付けがたいのですが、トイレのように汚い場所をきれいに保ってくれるありがたさを分かったのは、良い事だったと思います。鉄道もそうなのですが、時間通り目的地に着くのが当たり前だったり、トイレがきれいなのが当たり前だったり、なんでも「当たり前」に考えてはいけないなと思うのです。うむ、一週間でも充分学習になります。あ、僕は、日本もドイツも大好きですよ!!

 この旅の最大の反省点は、やはり「言葉」ですね。10年前も同じ反省をして、結局、あきらめてしまいました。「言葉」が分かれば、この旅も、もっともっと楽しい旅になったに違いありません。次回、10年、いやいや、3年くらいをめどに、また、ドイツ旅行へ行こうと今日から目標を立てます。頑張って勉強するぞ!!

 「ドイツ旅行記」は、これにて終了いたしますが、この旅行記の補足だったりマニアックな話は、もう少し続けたいと思います。もう少し辛抱下さい。

 あと、この僕のドイツ旅行に関わって下さった全ての方々に感謝したいと思います。「ダンケ・シェン!!」

 そして、長くて読みにくい僕の「ドイツ旅行記」を最後まで付き合って下さった皆様に感謝いたします「ダンケ・シェン!!」

 そして、そして、ドイツに「ダンケ・シェン!!」

 そんな、ドイツ旅行の為に頑張った僕自身にダンケ・シェンなのです(笑)。



 完

[独18] 8,無事帰国、しかし・・・ [ドイツ]

「無事帰国、しかし・・・」03.Oct.2009

「エコノミークラス」

 JAL408便、B-777機、帰国のため、飛行機に乗り込みました。帰りは、当たり前ですがエコノミーです。エグゼクティブを経験してしまうと、やはり、狭いですねぇ〜。出来れば帰りの便を変えて欲しかった気がします。非常に贅沢です。機内食もかなり違いました。エグ・・・は、前菜とメインの二回に別れて運ばれて来ましたから、非常に贅沢です。うむ、次回は、お金を貯めて「エグ・・・」で行くしかないです。最近そう言えば、「ヤンエグ」って言葉聞かないなぁ〜。このボーイング777は、 ABC DEF GHI の3ー3−3の席列で、僕は、「E」でして、ど真ん中のど真ん中なのです。これには訳があり、Eの他は、AとかBしか残っていなく、Eでしたら、左右振り分けてトイレに行けると考え「E」を選択したしだいなのです。

 今回の両隣は、右側に少し旅慣れた感じのおばさんと左側に女子高生達の添乗員のようだった男性です。左側の男性は、フランクフルトを飛び立つなりイビキをかいて爆睡し、成田に着くまでの11時間以上、食事の時しか起きなかったなぁ〜トイレも行ってないんじゃないかな。普通、家でもそんなにねむれないよ。旅慣れた方はすごいですね、感心します。

 機内食食べてビール飲んで、さぁ、一眠りしようと思った眠りについた頃、異変を感じたのです。身体がヤバいのです。貧血ぽい感じに冷や汗がだらだら・・・、完全に顔色悪いと思われます。座席が狭いのでイライラも有り、ちょっともぞもぞしていたんです。そうしてら、右隣の女性と間近で目が合ってしまいました。向こうも顔色が悪いの気がついたと思います。汗もかいてるし・・・。しばらくすると便意をもようし、しかたがないので、右の女性に(左は爆睡)、「すいません」と行ってトイレへ駆け込みました。案の定、下痢でした(涙)。 何かに当たったか、疲れているか、この旅の後半は、少し調子が悪かったのは確かです。ミュンヘンではもどしかけてるし・・・。「このまま成田までトイレにいたいな」とも思いましたが、自分の席にもどりました。出すもの出したら落ち着いたと言う事で、その後、調子が崩れる事はありませんでした。

 最新の777国際線は、エコノミーでもサービス良いですね、数十本の映画(公開中もある)が、自分の好きなものを選んで何本も観られる。前のシートのヘッドレスト部分に各自マルチ・モニターが付いていて、好きな時間に好きな映画が観られます。僕は、アニメ「サマーウォーズ」と「ターミネーター4」を観ました。

IMG_0745.jpg
「JAL 408便のB-777」行きも帰りも「ONE WORLD塗装」のB-777でした。JALはどうなるのだろう?

 そうこうしているうちに機体は成田に。入国審査を済ませ、到着ロビーにでました。トランクを宅配便で自宅に送ってしまおうと荷物の入れ替えをロビーでやっていたのですが、ちょっと手間取ったのです。なんとかなって、荷物を預けて、帰りの電車のチケットを購入して駅に降りて行くエスカレーターで異変に気づきました。「あ、ジャケットがない」そうです。荷物の入れ替えで手間だったときに汗だくになったので、脱いだはずのジャケットがない。慌てて戻りますが、陰も形もない、財布とかパスポートとかは入れていなかったのですが、iPod nano(初期型)が、入っていたんだよねぇ〜。ジャケット自体は、ユニクロで¥3980だったから良いんだけど、iPod nanoは、惜しいなぁ〜。ワーグナーとベートーベンと高見沢俊彦が入っていました。日本に帰って来てもこれだ・・・。


「カナダからのお母さん」

 帰りは、念願だった「成田エクスプレス(NEX)」に乗車する事にしました。NEXにて、池袋まで行って、フィルムを預けて、日暮里に(忘れていませんか?)携帯電話を引き取りに行く手はずにしました。NEXの新型が10月からデビューしましたので、旧型が無くなる前に乗っておきたかったのです。京成電鉄さんには申し訳有りません。m(_ _)m

IMG_9137.jpg IMG_9141.jpg
「この10月から『旧型』になってしまった成田エクスプレス」

 NEXの車内でたまたま隣の席になった僕の母親より十も上のお母様と出会いました。その方は、カナダの山を歩いて紅葉を楽しんで来られたそうです。日本の山々の話とか、なんだか旅の疲れが吹っ飛んでしまうほどの癒される話をお聞かせいただきました。おせんべいもつまみにいただきました。ごちそうさまでした。新宿で手を振って電車を降りられた様子が素敵でした。いつまでも、元気で山を歩いて欲しいです。


「最悪だ!!」

 そんな、ほのぼのムードが吹っ飛ぶくらいの「最悪」な出来事が勃発いたしました。ビックカメラ池袋東口カメラ店に写真を出そうとした時、大変な事に気がつきました「フィルムがない!!」ブローニ分はあるのだけれど、35mmのフィルムが一切無いのですよ(汗)。GF670と40DとIXYの3台分は大丈夫だったのが幸いなのですが、あのフィルムが無いとレンズを壊した意味が無くなってしまうのは悲しいかぎりなのです(涙)。おそらく、NEXに置き忘れたのが有力だと思い、早々に池袋駅に問い合わせてみると、車内に忘れ物が有るか無いかは、明日の昼頃にならないと無理との事。あとは、置き忘れたとすれば、飛行機の中なら出てくる確率は大きいと思いますが、空港ロビーだったら最悪だなぁ・・・。フランクフルト空港だったら回収不可能だ・・・。どうにもこうにも明日にならなければ分からないのです。うむ、非常に最悪です。なぜに、最後の最後までこんな感じかなぁ〜。

 あ、この後、意気消沈のまま、携帯電話を受け取りに京成電鉄の日暮里駅に行った事は言うまでも有りません。一難さって、また一難なのであります。
 
 この旅最大の不安を抱えたまま「この旅の総括」へつづくのです。

 そんな、ホント、自分でも情けないと思う、今日この頃です。
 


 つづく

[独17] 7,バイエルンの青い空 [ドイツ]

「バイエルンの青い空」02.Oct.2009


チェックアウト」

 ドイツ七日目最終日です。結局、昨日分の日記を書いた後、ビールを飲んだら寝てしまいました。まぁ、そこそこ眠れた感じです。

 さてさて、とうとう、帰国の日がやってまいりました。朝食をとり、チェックアウトします。なかなか感じの良いフロントの方々でした。今考えれば、ベルリンのホテルは、20年前まで東西で別れていましたから、サービス的な面からしてもいたしかた無かったのかもしれません。

IMG_9099.jpg
「ホテルの周辺」

 9時過ぎに昨日寄った鉄道模型屋さんに入店してみました。「欲しいなぁ〜」しかし、「我慢我慢、次ぎに来たときにお金を貯めて買う事にしよう」っと言い聞かせます。しかたがないので、鉄道模型のカタログを2冊購入しました。これを観て買った気になりたいと思います。


「ICE/インタシティーエクスプレス」

IMG_9111.jpg IMG_9117.jpg
「ICE/インタシティーエクスプレス」なんだかKissしているようだ・・・。

IMG_9129.jpg
「ICEとRE(レギオナルエクスプレス/区間快速)」

IMG_0661.jpg
「ICEファーストクラス車内(本革ばりシート)」

 ミュンヘン中央駅 9:55発 ICE 722 定刻通り出発いたします。今回、ジャーマンレールパスのファーストクラスを購入していたので、座席指定料5ユーロにて、ゆったりとフランクフルト中央駅へ向かいます。切符を購入する前は、4時間位かかるかと思っていましたが、正確には、3時間10分の旅になります。距離的には、東京↔新大阪くらいなのかなぁ。

 ICE は、日本で言う新幹線と同じ感覚なのですが、基本的に在来線を使っていまして、ホームも他の快速や普通列車と並んで停車しています。途中、ICE専用の路線を走行するのですが、そこは、かなり早い感じがしました。乗り心地は、新幹線とあまり変わりませんが、内装は、ICE の方がお洒落に感じます。赤いラインもグットですね。そうそう、ドイツ鉄道(DB)は、赤が基本なんですよ、列車はみんな「赤」です。

IMG_0695.jpg IMG_0698.jpg IMG_0705.jpg IMG_0717.jpg IMG_0729.jpg IMG_0737.jpg
「ICEの車窓から〜バイエルン地方の青い空」

 ドイツの都市交通は、都市ごとにカラーが変わっているようで、ベルリンは「イエロー」、ミュンヘンは「ブルー」、フランクフルトは「グリーン」です。地下鉄(Uバーン)、バス、市電の全てのカラーが統一されています。先頭車の行き先案何を見逃すと違うところへ行ったしまう危険性があります。

 13:05にフランクフルト中央駅へ到着しました。飛行機まで時間がありましてので、初日に行った温泉に行く事にしました。中央駅から40分くらいの郊外の駅から徒歩10分くらいです。住宅街を歩くのですが、前回は夜でしたので、怖かったのですが、今回は昼まで二度目の道なのですんなり到着です。二時間過ごして再び中央駅へ戻ります。

IMG_0742.jpg
「温泉」昼間見ると、やはり、日本を誤解しているなぁ〜っとさらに思うのです(笑)。


「搭乗ロビーにて」」

 まだ、少し早いのですが、空港へ向かいました。女子校の修学旅行なのかなぁ〜JALのカウンターが長蛇の列でした。ビジネスクラスのカウンターを開けてもらってチェックィンいたしましたが、トランクの重量が思いと言われ、手荷物に一部を振り分けると言う作業を行いました。なんだかいろいろパンフレットだったり紙類を詰め込んでいたから重かったとおもうのですが、結局、空港で処分する事にしました。あぁ〜手荷物が重くなる・・・(汗)。

 入国や出国の審査って、なんで怖いんだろう。いつも、いやぁ〜な思いがします。今回の手荷物検査ですが、ベルトまで外して入ったゲートですが、ゲート違いで、またまた手荷物検査をしなくてはならない事になってしまいました。同じ状態なのに、なぜに、二度目は鳴るんだろう。不思議です。

 ただいま、飛行機の出発を待ちながら搭乗ロビーにて、この日記を書いております。あとわずかでドイツともさよならです。いやぁ〜、いろいろ有りましたが、良い旅だったと思います。帰国後、この旅のいろんな面から総括をしてみたいと思っています。

 そんな、ドイツに感謝する、この一週間なのでした。



 つづく

[独16] 6,本場のオクトーバーフェスト [ドイツ]

「本場のオクトーバーフェスト」01.Oct.2009

「ミュンヘンの街」

 ドイツ6日目、ミュンヘン2日目、いよいよこの旅も佳境に入って参りました。

 朝食後、特にどこへ行くか決めてはいなかったのですが、昨日、中央駅の構内で無線LANでネット接続できる場所を発見したのでPCを持って行く事にいたしました。その前に、旅行前にネットでチェックしていた「鉄道模型店」が、駅の構内の隅に有りそちらを覗いてから本日の観光を開始したいと思いました。

 その鉄道模型店、中央駅の11番線の先に隣接されています。買うかは悩んでいたので、中には入りませんでしたが、ウインドショッピングを楽しみました。こちら欧米では、HOゲージ(やや大きい感じ)が支流で、日本で支流のNゲージ(日本で一般的な軌道の幅が9mm)は、2割程度の陳列でした。日本では、HOゲージは値段が高いと言う印象でしたが、こちらでは、Nゲージとあまり変わらない感じですね。いや、むしろNゲージが高いと言った感じです。大きさはかなり違うけれど、小さい方が精密ですので、値段が高いのでしょうね。僕は、鉄道模型を走らせる場所が無いので、非常に悩みどころですが、日本ではなかなか手に入らない(かなり割高)ドイツ鉄道の車両が欲しいなぁ〜。明日の最終日に悩みそうです。

 その後、駅の構内にてPCを立ち上げました。うむ、結局のところ、僕のPCの環境が悪いのか、接続できませんでした(汗)。そもそも、ドイツ用のLANケーブルを持って来なかったのが行けないのですが、この旅では、ネット接続出来ずじまいです。海外では、LANのコネクターが違うのが、こちらへ来て「地球の歩き方」を読んで気がつきました(汗)。電源のアダプターは、いろいろ考えたのですが、肝心のところに抜かりがありました(笑)。


「名門ビアホール」

 さてさて、午後のオクトーバーフェストの前に市内を撮影したいと思います。歩いても行ける距離ではありますが、電車に乗ってみることにします。Sバーンで二駅めの「マリエン広場」です。Sバーンの階段を上がる、巨大な新市庁舎の建物に圧倒されます。ぷらぷらあても無く撮影していると、昨日、行く事を断念したビアホール「ホーフブロイハウス」を発見しました。9時からのオープンですから、さすがドイツっと言った感じです。まだ11時頃でしたが、せっかく目の前にあるので、入ってみる事にします。ガイド本にも紹介されていますから、午前中から大勢のお客さんがいらっしゃいました。言葉が話せないので、少々オーダーに手こずりましたが、なんとかビールを注文、持って来たのは1リットルのジョッキです。小さいのを頼んだはずなのに・・・。まぁ〜再度注文しなくていい分、手間が省けるので良しとしましょう。午前中から1リットルのビールをいただきました。昨日行けなかったので、なんとか目標を果たせた気分です。

IMG_0557.jpg IMG_0592.jpg
「ミュンヘン散策」

IMG_0609.jpg IMG_0622.jpg
「ホーフブロイハウスにて」

 店を出て撮影の続きです。しばらくするとトイレに行きたくなりトイレを探す事にします。あ、マクドナルドを発見、トイレだけをお借りする事にします。トイレの前に掃除のおばちゃんが座っているのです。トイレを出た人がチップを渡す音が聞こえます。僕も出るときに50セントをお皿の上にのせました。ドイツへ来てトイレに入るときにお金がかかるのに抵抗がありましたが、ふっとその抵抗が無くなった瞬間でした。1リットルもビールを飲んだせいで、30分後に尿意をもようしまして、今度は、マックの隣のバーガーキングにお世話になりましたが、こちらは、おじさんがいらっしゃいました。こういうシステムは悪くないなと思います。いつでも綺麗なトイレを無料で使っている日本人、少し考えさせられますね。

 本日の撮影で、あれだけ持って行ったフィルムが、モノクロの35mmのISO400が2本とブローニのISO400が3本の計5本を残すのみとなりました。撮ったなぁ〜。みんな駄作だったら泣きだなぁ(汗)。


「本場のオクトーバーフェスト」

 一度、ホテルに戻ってから念願の「オクトーバーフェスト」に参加いたします。先日、温泉でお会いした方から「5時くらいから盛り上がってくるけど、早めの2時くらいに言って場所を取った方がいいよ」とアドバイスをもらっていたので、早く行くつもりでしたが、午前中のビアホール以後、撮影に熱が入ってしまい、ちょっと疲れたので、ホテルで一休みです。結局、3時くらいに現地に到着する事となります。ホテルから歩いて行ける距離ではありましたが、今度は、Uバーンを使う事にします。

 地下鉄の階段を上がるとビックリです。そこには、遊園地が!! なんだかどこかのテーマパークみたいだ!! 平日の昼過ぎなのにすごい人の数だ!! 世界各地からビールを飲みに来た人達なのだ!! 素晴らしすぎる!!

IMG_9000.jpg
「本場のオクトーバーフェスト会場」まるで遊園地なのだ!!

 遊園地の中に巨大なテントがいくつもあります。ビール会社が、ここにテントを設営してビールを提供しています。テントの中は、すでに盛り上がっています。ビールを運んでくる女性はあたりまえですが、お客さんの多くの女性もバイエルンの民族衣装(ちょっとメイド服に似ている感じ)を来ています。お客さんも「コスプレ」で参加しているのです。ホント、お祭りと言った感じです。

IMG_9013.jpg IMG_9023.jpg IMG_9028.jpg
「ホーフブロイのテント」

IMG_9029.jpg IMG_9031.jpg
「チキン丸焼き製造マシーン!!」

 まずは、先程行った「ホーフブロイハウス」のテントの中に入りますが、警備員に荷物のチェックを受けました。なかなか厳重です。ほとんど「リザーブ席」でして、どこへ座っていいかわかりません。なので、別のテントへ移動します。やはりリザーブ席ばかりです。張り紙が無い所に大丈夫だろうと座っていると「ダメだ!!」と言われ、ここでも席を探す事が出来なかったので、いたしかたなくテントの外へ座って注文する事にします。今回も「中生」を注文するつもりが、「大生1リットル」が運ばれてきました。飲みますよ、飲みますけれども・・・。こちらのビールは、350ミリ缶は、存在しないようです。駅でも500ミリ缶しか売っていません。少量のサイズは、ビンのようです。さぁ〜、1リットルジョッキを飲もうと思った時、大事な事を思い出しました。「カメラが無い!!」EOS 40Dをさっきのテント内に置き忘れて来たのです。「やばい!!」大急ぎでテントの中へ、「ダメ、ダメ、予約席だよ!!」と静止されるも、「キャメラ!! キャメラ!!」なんとか分かってもらえたようです。幸い、カメラは、その場所に置いてありました。ホッ・・・。大変な事になる所でした。

 安心して席に戻り、1リットルジョッキを飲み始めます。つまみにチキンの丸焼きの半分のサイズを注文し気持ち良く飲んでいます。ホントは、テントの中の方が盛り上がるのでしょうが、やはり、言葉が通じなく一人ですので、なかなかおじけずいてしまいます。まぁ〜雰囲気だけでも味わえたから良いかなぁ〜。よくよく考えれば、横浜のオクトーバーフェストも一人で参加して、角の地べたで一人で飲んでたなぁ〜。どこでも同じかな・・・。

IMG_9043.jpg
「チキンのハーフをつまみに1リットル・ジョッキ」

 勢いで、2リットル目を注文してしまいました。昼から合計3リットルです。なんだかフラフラになって気持ち悪いです。「ヤバい」約2時間飲んだ5時頃、かなりグデングデンになり、ホントやばいです。最近、こういうの無かった感じです。ちょっとチキンを戻してしまいました(汗)。必死で飲み込んだので難は逃れましたが・・・。ドイツで吐いたらアウトでした。途中、柱に寄っかかったりしながら、なんとか無事にホテルへたどり着きましたが、久しぶりに酔っぱらった感じです。しかも5時頃に・・・。不覚ですよ、ドイツ人に完敗であります。次回は、必ず乾杯してやりますよ!!(こんな時に駄洒落です)

 ホテルにたどり着くなりベットに倒れてしまい、起きたら深夜の11時過ぎ、腹減ったなぁ〜こんな時間お店もやってないしなぁ〜、怖くて歩けないしなぁ〜。眠れないしなぁ〜。仕方が無いので、フロントでビールと水を買って来て空腹をしのぎながら、この日記を書いております。腹減った・・・(涙)。あんだけグデングデンでも記憶は有るのだな・・・。

IMG_9076.jpg
「記憶に無い写真」帰りがけに撮ったらしいのだが・・・?

 明日は、いよいよ帰国の日、やっとドイツに馴染めて来たようなので寂しいかぎりです。あぁ〜一週間なんて早いなぁ〜。

 そんな、ドイツでも酔っぱらいな本日なのでした。



 つづく
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。